昨日から修理してたハンドスピナーがようやく直った〜
再度職場から貰ってきたボルトとナットを使い、その間に
何枚かワッシャーをかまして調整し、最後に大きめの
ワッシャーを瞬間接着剤で留めて完成。
キレイに回るようにはなったけど、若干はみ出したナットで
指が痛くなるので保護用のクッション材を貼ってみました。
これで指が痛くなる事もなく長時間回し続ける事が
出来そうなのでひとまず修理完了。
見た目はアレですが一応直って良かった良かった。
買ってすぐ壊れてしまったハンドスピナーを直すために
職場から3本のボルトを貰ってきました。
まず1本目は切断機で切って長さを調整しナットとワッシャー
さらにスプリングワッシャーも揃えた本命のボルト。
2本目は1本目より細めで長さは丁度良さげなボルト。
こちらもナットとワッシャーを多めに持ってきたので
微調整が可能。
3本目のボルトは何となく中間の太さで選んだボルト。
最初の2本で何とかなると思ってナットすら無し。
そして帰宅後ハンドスピナーにピッタリはまったのは

3本目のボルトでした・・・

なんかそんな気がしてたんだよな〜
とりあえず2番目のボルトでも何とか回すことは出来たけど
ピッタリはまる3本目のボルトに合うナットとワッシャーを
明日職場で探しなおすかな。
実家に帰省しイオンに寄ったので
3個目となるハンドスピナーを購入。
数回まわしたのち回転時間を計測しようと
まわしたところ



手で持つ部分が折れてしまいました。
んー、ハズレだったのかな。
仕方がないので改造用として活用するか。

今日も有給消化月間で休み。
ただまたしても生憎の天気でクルマの洗車はならず。
と言う訳で今日も家に籠もってましたが
珍しくスマホはあまり弄ることなく本を読んでました。
そして本を読みつつ片手でハンドスピナーをくるくる。
ホント癖になってきてるなー
くるくる回してて気がついたんだけど、あとから買った
安い奴の方が回転時間が長い気がする。
これではせっかく高い金を出した意味がないと言うことで
家にあるシリコンスプレーを最初に買った方のベアリングに
大量に吹き付け、これで回転時間はアップしたでしょ!
と回してみると全然回らない、目に見えて回らない・・・

もしかしてやらかした?

慌ててググってみると潤滑剤の吹き付けはダメって
ハッキリ書いてあるし。
吹き付けるにしても脱脂した後に少量給脂する程度で
大量に吹き付けるのはただ抵抗が増すだけのようです。
仕方がないので余分なオイルをテッシュで吸わせたり
ひたすら回し続けてオイルを馴染ませる作戦に出ています。
これで少しは元の回転力が戻ってくれると良いけど。

なんかやる時は事前に調べておく事が大事ですね。

ハンドスピナーを買って早5日。
そろそろ飽きて手放してると思われそうですが
結構ハマってしまい



2個目をゲット!
さすがに今回は1200円と安い物を選びましたが
意外とこれが回しやすいんですよね。
形はオーソドックスな重りが3個のタイプで最初の物より
少し大きめですが軽くて持ちやすい。
安くても良く回る物があったり、色々な形の物があるので
ちょっと色々集めてみたくなってきたかも。
そしてこれ以上ハマったら最後に残るのは自分で手作り?
自作も奥が深くて簡単な物からデザインまで凝った物まであり
見てるだけでも面白く、自分でも作ってみたくなるんですよね。
よし良く回るベアリングが無いかホームセンターで探してみようかな。